島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【坂和のベース通信】Vol.9~アンプをもっと知っちゃおう~

f:id:shima_c_ohmiya:20180130101334p:plain

こんにちは。
最近、真面目にベースを練習して指に水ぶくれができた事にちょっと感動した大宮店音楽教室担当、坂和(さかわ)です。


前回はピックアップの違いについて知りましたね。
ohmiya.shimablo.com





今回は知識として必要なアンプの事をもう少しだけ知っていきましょう!



《知ってて得するアンプの知識》

皆様は「アンプ」と聞いてなにを思い浮かべますか?
例えばこんな姿をしたものでしょうか⇓
f:id:shima_c_ohmiya:20180301161022j:plain

それともこんなものでしょうか⇓
f:id:shima_c_ohmiya:20180301161320j:plain



そうです、どちらも「アンプ」です。

でも、ちょっとだけ違いがあります。
アンプの事を調べてみると、よく、○○タイプ、とかいう言葉を耳にしませんか?
そこのあたりから整理してみましょう!


アンプの種類その①》

アンプというのは、
f:id:shima_c_ohmiya:20180301161022j:plain
⇑のように、1つの箱型の中にすべてが詰まっていてスイッチをONすればそのまま使える『コンボ』タイプと呼ばれるものと、
f:id:shima_c_ohmiya:20180301161320j:plain
⇑のように、いくつかに分かれていてそれをセットで使う『スタック』タイプと呼ばれるものに分かれています。

私達が自宅で練習したりするときによく使用されるのは手軽なコンボタイプです。
逆に、ライブなど広い会場の時に使用される事が多いのはスタックタイプです。

スタックタイプの、上に乗っかっているのが『ヘッドアンプ』、下にどーんとあるのが『キャビネット』と呼ばれるものになります。コンボタイプならスイッチをONすればすぐに音が出るのですが、スタックタイプのヘッドアンプはそれだけでは音は出ませんので、スピーカーの役割を果たすキャビネットと組み合わせて使用します。

えー、じゃあスタックタイプはお金もかかるし馬鹿でかいし良い所ないの?と思うのですが、そんな事はありません。

特にライブをしたりする方にとっては、どんな会場の環境でも【自分の音】で演奏したいものですよね。
それが叶うのがヘッドアンプの良い所です。
ヘッドアンプで音を作って会場のキャビネットにつなぐっていう使い方ができたりします。

すごいですね!

使用用途によって、コンボタイプなのか、スタックタイプなのかを選ぶといいよ、というお話でした。


アンプの種類その②》

アンプには実はもう少し奥深い所があります。
真空管(しんくうかん)』という言葉を聞いた事はありませんか?
ガラスの短い筒みたいなヤツを真空管と言い、アンプには、この真空管を使って音を出すタイプの真空管アンプ(チューブアンプとも言います)』と、真空管を使わずトランジスタという部品を使用して音を出すトランジスタアンプの2種類に分かれています。

真空管アンプの特徴は?
電圧をかけて電気信号を真空管で増幅する事で、『キメの細かな自然な歪み』を得ることができ、音質的にも非常にいい音なので多くの人が好んで使用しています。
その反面、とても大切に扱ってあげなければなりません。
f:id:shima_c_ohmiya:20180303113137p:plain
真空管アンプはこのようにスイッチが二つあります。
アンプのツマミが全てゼロになっているか確認
➁「パワー」スイッチをON
➂そのまま2~3分待つ
➃「スタンバイ」スイッチをON
➄ツマミをあげて音を出す!

電源を切る時も逆の手順で行い、真空管にダメージを与えないように気をつけましょう。
真空管には「寿命」があり、寿命が近づいてくると「音が小さくなる」、「歪まなくなる」といった問題が生じますので、音に異変を感じたら早めに交換しましょう。


トランジスタアンプの特徴は?
真空管アンプのようなメンテナンスは必要無く、故障しない限り半永久的に使い続けることができます。調整できる周波数も幅広く、音作りの幅も真空管アンプより広いです。

私達が自宅練習用に探すことの多いのはトランジスタアンプになるかと思います。
代表的なものとしては

画像 f:id:shima_c_ohmiya:20180301161022j:plain
メーカー VOX(ボックス)
品名 PathfinderBass10
価格 ¥7,128(税込)
画像 f:id:shima_c_ohmiya:20180204102155j:plain
メーカー Ampeg(アンペグ)
品名 BA-108V2
価格 ¥18,360(税込)
画像 f:id:shima_c_ohmiya:20180204103859j:plain
メーカー Roland(ローランド)
品名 RCB-RX
価格 ¥25,920(税込)

こんなアンプ達があります。

アンプは本当に色々なものがありますので、このような知識をおおまかにでも持っておくと、自分に合ったアンプ選びをするのに役立ちますよ!


ではでは、
また次回をお楽しみに!



《レベルアップはお任せ下さい!ベース教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に弾けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

エレキベースコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら

エレキベース 講師紹介

写真
氏名 帆足 昌太
曜日

講師名をクリックすると、詳しいプロフィールやインタビューがご覧いただけます
⇓⇓体験レッスンお申し込みはこちら♪
www.shimamura.co.jp



《記事を書いてるのはこんな人》

写真 f:id:shima_c_ohmiya:20171228113250j:plain
氏名 坂和 扶美子(さかわ ふみこ)

◎どんな人?
吹奏楽部にてクラリネットを始める。本格的にクラリネットを学ぶため弟子入りして音大受験開始。かくかくしかじか経験して島村楽器2009年入社。なぜかベースを始める。なぜか急にメタルにハマる。パンク・ビジュアル系音楽以外なら大抵よく聴く雑食。音楽教室担当者・管楽器担当者としてあれこれ奮闘中。



お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.