島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【坂和のベース通信】Vol.5~弦のハナシ~

f:id:shima_c_ohmiya:20180130101334p:plain

こんにちは。
大宮店音楽教室担当、坂和(さかわ)です。


前回は色んな『シールド』をご紹介して、ただの『線』ではないって事をちょっとはお伝え出来たかなと思います。
ohmiya.shimablo.com



よーし、ここまでくれば後はお気に入りの楽器をいい状態で長く愛用していくために必要な知識を得てグッズをそろえるだけ。



《何と言ってもまずはコレ、のハナシ》

です。
錆びたをずっと見て見ぬふりしているベーシストの方、いらっしゃいませんか?お察しの通り、錆びているは絶対にいけません。なぜなら、フレットが削れてしまう恐れがあるからです。早めに交換しましょう。

はちょっと奥が深くて、新しいに変えるとブライトな音になりますし、少し古いもの(長期間張ったまま)になってくると何というかモコモコした落ち着いた音になるので、あえて少し張りっぱなしにしておく方もいらっしゃると聞きます。坂和はあえて張りっぱなし派です。
いずれにせよ、最低限『錆びたら交換』は絶対ですネ。

《定番をご紹介!》

D'Addario(ダダリオ)
f:id:shima_c_ohmiya:20180209153701j:plain
EXL165 ¥3,099(税込)
世界中のミュージシャンからの圧倒的な支持を誇る、言わずと知れたベースの言わずと知れた超定番。 ブライトでかつ正確なイントネーションを生み出し、どんなベースとも相性抜群です。坂和も使った事ありますが確かにブライトな印象を受けました。ベース科講師帆足 昌太先生も愛用中!



ERNIEBALL(アーニーボール)
f:id:shima_c_ohmiya:20180209154205j:plain
2833 ¥2,743(税込)
こちらも超ド定番です。ハイからローエンドまでバランスのとれたサウンドは、全てのミュージック・スタイルにフィットします。どうやらダダリオより若干ブライトな印象のようですね。



DR(ディーアール)
f:id:shima_c_ohmiya:20180209155325j:plain
MR-45 ¥4,352(税込)
ラウンド・コア(丸い芯材)を使用したラウンドワウンドというユニークなステンレスで、ブライトでパンチの効いたサウンドが特徴。また、柔軟性と耐久性に優れ、フレットの摩耗も抑えられます。



CLEARTONE(クリアトーン)
f:id:shima_c_ohmiya:20180209160250j:plain
6445 ¥4,428(税込)
非常に細かい分子レベルのコーティングがなされた、コーティングです。特有のこもった音にならずタイトでクリア、普通のニッケルに近い感覚で演奏でき、かつ寿命が長い!!うん、これは革命だ!(笑)



ELIXIR(エリクサー)
f:id:shima_c_ohmiya:20180209163344j:plain
MEDIUM/LONG SCALE ¥5,724(税込)
コーティングのトップ・ブランド、エリクサー。従来のと比べて3〜5倍長持ちし、手触りも比較的ナチュラルだということです。バキッとしたアタックや突き抜けるような高域はなくどちらかというとウォームな音。フィンガーノイズも軽減してくれます。



などなど、の種類は他にも沢山!

の太さについて》

には45-100とか、45-105とか、なんだかわけわからない数字がパッケージに記載されていますね。これはの太さ』の事です。
ちなみに45という数字の小さい方が1の事で、100とかの大きな数字の方が4になります。
これで目安にして選ぶわけなんですが、一般的な太さは45-105の太さ、ちょっと4を細くしたい方は45-100を選んでおけば間違いないです。


《素材:ニッケルとステンレスの違いについて》

基本的にの素材というのは『ニッケル』と『ステンレス』の2種類になります。


【ニッケル】
一番一般的な素材で、太い音が特徴


【ステンレス】
ブライトな音が特徴
これは好みの問題ですね。
坂和はニッケル派です。
ステンレスはバキバキした音が好きな方にオススメ!


《ラウンドワウンドとフラットワウンドについて》

さあここです。
ココ、興味持つ方多いのではないでしょうか。


【ラウンドワウンド】
f:id:shima_c_ohmiya:20180209165707j:plain
最も一般的な。芯線に線を巻いている構造のため、表面が凸凹とした形状になっています。明るい音色が特徴です。


【フラットワウンド】
f:id:shima_c_ohmiya:20180209165720j:plain
表面が平らになっているコントラバスでは一般的なで、フレットレスベースでも多用され、倍音成分をあまり含まないダークな音色が特徴です。


《ちなみに…》

坂和の愛用中のフェンダーのフラットワウンドです。

⇓こんなの
f:id:shima_c_ohmiya:20180209170410j:plain

坂和のベースの先生に「だまされたと思って張ってみな!(笑)」とオススメされたので張ってみました。2~3年くらい張りっぱなしのような気がします(笑)
フラットワウンドは表面が平らになっているせいかテンション(張り具合の強さ)がちょっと強くなるので、ダダリオでは45-105を使用していましたがフェンダーでは45-100を使用しています。
たたでさえフラットワウンドはモコモコした音なのにずっと張りっぱなしなのでいい具合に円熟味が増してきました。へへ。

とりあえず、プレベにフラットワウンドの組み合わせは最高に気分が良いので皆さんにオススメ!!!




ではでは、
また次回をお楽しみに!



《ベース教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に弾けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

エレキベースコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら

エレキベース 講師紹介

写真
氏名 帆足 昌太
曜日

講師名をクリックすると、詳しいプロフィールやインタビューがご覧いただけます
⇓⇓体験レッスンお申し込みはこちら♪
www.shimamura.co.jp



《記事を書いてるのはこんな人》

写真 f:id:shima_c_ohmiya:20171228113250j:plain
氏名 坂和 扶美子(さかわ ふみこ)

◎どんな人?
吹奏楽部にてクラリネットを始める。本格的にクラリネットを学ぶため弟子入りして音大受験開始。かくかくしかじか経験して島村楽器2009年入社。なぜかベースを始める。なぜか急にメタルにハマる。パンク・ビジュアル系音楽以外なら大抵よく聴く雑食。音楽教室担当者・管楽器担当者としてあれこれ奮闘中。



お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.