島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【大人のクラシックギター倶楽部】vol.1~クラシックギターってなあに?~

f:id:shima_c_ohmiya:20171208124314p:plain
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。


色々な楽器について探っているこの坂和シリーズ、今回はクラシックギターです!
普通のアコースティックギターとどう違うのか、どんな演奏ジャンルが得意なのか皆様意外と知らない事ばかりなのではないでしょうか。
坂和も正直分からない事ばかりです。

なので、一緒にお勉強していきましょう♪


クラシックギターってなあに?

f:id:shima_c_ohmiya:20171208165223j:plain
『ナイロンなど(エレキギターアコースティックギターはスチールなんです)が張ってあるギターの事を言います。ガット・ギターとも呼ばれます。

そんなのよくわかんないしどうやって見分ければいいのさって思いますよね。
そもそもアコースティックギタークラシックギターって一緒じゃないの?って思いませんか?
坂和は最初そのあたりがチンプンカンプンでした。


エレキギターみたいに電気で音を出さない『アコースティックギター』があって、その種類の中にクラシックギター『フォークギター』が存在する、と言えばイメージできるでしょうか。今では『フォークギター=アコースティックギター』の意味合いでアコギという言葉が使われる事が多くなりました。

なので、クラシックギターというのは歌番組とかでよく見かけるあのギターと一緒じゃないんです!全然別物なんです!(興奮)


クラシックギターの大きな特徴として、『スロテッド・ヘッド』である、ということが挙げられます。
f:id:shima_c_ohmiya:20171208170551j:plain
↑コレです、コレ

普通のアコースティックギターにもこういうタイプのヘッドが採用されている事もあるので絶対ではないんですが、区別の目安にはなると思います。


クラシックギターの各部の名前

f:id:shima_c_ohmiya:20171208171816p:plain

左手でを押さえる部分を『ネック』と呼びます。基本はマホガニーなどの木材を使い、エレキギターアコースティックギターに必ずついているトラスロッド(ネックの反りを調整する鉄の棒)』が、ほとんどの場合ネックの中に入ってません

それは引っ張る力の弱いナイロンを張っているためネックの反り(ネックというのは気候の変化やの引っ張る力などで反るんです、びっくりですよね)が少ないゆえだそうです。


だとしてもトラスロッドが入っていないなら反りは勘弁ですよね…しっかり楽器の管理をしていい状態に保ってあげましょう。
その方法はまたいずれかの回でしっかり一緒に勉強していきましょう!

では、まだまだ長くなりそうなので今回はこれでおしまいです。
引き続きクラシックギターについて勉強しましょう!お楽しみに!



クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら


f:id:shima_c_ohmiya:20171208124631j:plain

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。
入会金 ¥10,800(税込)






お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.