読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

アコギ担当平瀬 ~今月の1本!!~ Vol.1 『Gibson Kazuyoshi Saito J-160E』

斉藤和義シグネイチャーモデル『Kazuyoshi Saito J-160E』 入荷!!

f:id:shima_c_ohmiya:20151230210415j:plain
どうも皆さんこんにちは!島村楽器大宮ラクーン店アコースティックギター担当平瀬(ヒラセ)です!
めっちゃ寒いですが、年末年始も大宮店はつっぱしりますよ~っ。
さてさて!今回のこの記事『アコギ担当平瀬 ~今月の1本!!~』ですが、ワタクシ平瀬(ヒラセ)がオススメするアコギを1本ずつ特集を組んでいっちゃおうというコーナーです。これからガンガン記事を上げていくので、皆さん楽しみにしていてください!!
そんな訳で記念すべき一本目!日本が誇るシンガーソングライター斉藤和義さんのシグネイチャーモデルGibson Kazuyoshi Saito J-160E』を紹介していきます!

Gibson Kazuyoshi Saito J-160E』

f:id:shima_c_ohmiya:20151230210134j:plain
このモデルは、ギブソン社が1951年に、初のエレクトリック・フラットトップのモデルとしてCF-100Eをリリースした後、1954年に第二のエレクトリック・フラットトップのモデルとして発売したJ-160Eがベースになっています。
J-160Eは、エレキギターの発明・登場に触発され、ギターアンプを用いることでアコ-スティックギターの音量を増幅することを初めて可能にしたモデルでした。
また、アンプ増幅時のハウリング対策のため敢えてナチュラルなアコースティックの鳴りを抑えるため、合板のシトカ・スプルースとラダー・ブレーシング(表板の力木がエックスではなく横に走っているデザイン)を採用し、初めてフラットトップのモデルとしてアジャスタブル・ブリッジ(エレキギターのようにの高さを調節できるブリッジ)が使われ、音質的にも仕様的にも唯一無二のモデルでした。
当初はカントリー・ウェスタンのアーティスト向けに想定しデザインされましたが、1960年台のThe Beatlesの登場によりロックンロールの歴史上もっとも著名なモデルとなり不動の地位を得たモデルです。
Kazuyoshi Saito J-160Eは、J-160Eのアーティストモデルとしては、2010年に生誕70周年モデルがリリースされたジョン・レノン・モデル以来2人目となります。

通常モデルとの違いは??

てなわけで満を持しての発売となったこのモデルですが、見た目最高にクールですね。先月のアコースティックギターマガジンの表紙を見てうおおおおおおおっとなったのはワタシだけではありますまい。ブラックカラーのフィニッシュはまさにせっちゃん!!といったところでしょうか。ではでは、いったい従来のモデルとは何が違うんでしょうか?

ボディトップ材

従来のトップ材は合板のシトカ・スプルースでしたが、このモデルはエイジング処理を施したシトカスプルース単板を使用しています。サーマリー・エイジド加工という特殊な処理を木に施し、新品状態であるにもかかわらず長年引き込んだような鳴りを得られるのです。

ブレイシング

いわゆるトップを支える力木の部分ですね。従来のものはラダー(横に走っているタイプ)だったんですが、このモデルはエックスブレーシングを採用。より生鳴りが得られるようになりました。

ピックアップ

f:id:shima_c_ohmiya:20151230210257j:plain
P90ピックアップアコースティックギター用の貼りマイクであるL.R.Baggs社のLyricによるデュアルアウトプット採用、これは、Gibsonとして初の試みです。エレキギターとしてギターアンプから出力、アコースティックギターとしてPAから出力が得られ、より立体感のある音が楽しめます。

ピックガード&ボディカラー

f:id:shima_c_ohmiya:20151230210140j:plain
ピックガードのシェイプを1960年台のJ-160Eから完全複製。BlackのカラーでフィニッシュされたJ-160Eモデルはオリジナル生産品としてはほとんど生産されておらず、60年代後半製のBlackフィニッシュのJ-45を永年愛用する斉藤和義氏の新たなアイコンとして相応しいモデルに仕上がっております。

■主な仕様

・Body: Thermally Aged Solid Sitka Spruce top / Mahogany sides & back
・Neck: Mahogany neck (J-160E Standard neck same as John Lennon Museum Model)
・Finish: Ebony Gloss (黒の着色層は水研の工程無しの一層吹き、より深いブラックの色合いを演出)
・Pick up : Dual Outputs (P90 / L.R.Baggs Lyric)
・Saddle Material: Bone saddle, non adjustable (ノンアジャスタブルサドル、ボーンサドル)
・付属品: 専用ハードケース、ア―ティスト認定書

まとめ

さまざまなアーティストシグネイチャーモデルが発売されていますが、今回の一本は歴史的に見てもかなりオイシイギターではないでしょうか。J-160E自体がそもそも現在では製作されていないわけで、お目にかかれるのも中古市場のみという状況。そんな中で斉藤和義さんのシグネイチャーとして、より現代的で、かつGibsonの最新技術も詰め込んでの復活というわけです。アーティストファンのみならず、アコースティックギター好きも注目な一本です。初回100本限定のモデルとなっております。是非、店頭にてお試しあれ!!

全ギター試奏可能!

f:id:shima_c_ohmiya:20151208174939j:plain
展示中のギターは全て試奏可能となっております。
お気軽に店頭スタッフまでお問い合わせ下さい。

リペアマン常駐

f:id:shima_c_ohmiya:20151103131615j:plain
ギター調整、管理に関しては、島村楽器が誇るリペアマン山口(やまぐち)までご相談ください!
ohmiya.shimablo.com

店舗情報

移転後所在地 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60 大宮ラクーン6F
アクセス 大宮駅東口より徒歩1分
電話番号 048-658-5260

店舗名 島村楽器大宮ラクーン店
電話番号 048-658-5260
担当 平瀬(ひらせ)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.