島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【DTMテクニック講座】第4弾!楽器のレコーディング

こんにちは。

島村楽器大宮店DTMコーナー担当の桒沢(くわさわ)です。

 

第4弾は『楽器のレコーディング』です。

 

楽器のレコーディング

ギターやベース、ボーカルなどを実際にDTMを使ってレコーディングされている方も多いと思います。

しかし、あまり良い音質でレコーディングできないなぁとか音圧が低いなぁと感じたことはありませんか?オーディオインターフェイスを良いものに変えたり、マイクシールドなどを良いものに変えるのも高音質でレコーディングすることはできますが、皆様がなかなか知らないであろう部分の高音質で楽器をレコーディングする機材をご紹介していきたいと思います。

 

マイクプリアンプを使用する

ほとんどの方が、ギターやベースなどをオーディオインターフェイスに接続してレコーディングしているかたと思います。

現在発売しているオーディオインターフェイスには、マイクプリアンプがほとんどの機種に搭載されています。

しかし、単品のマイクプリアンプを使ってあげると高音質でレコーディングができます。

つなぎ方はこんな感じです↓

画像

マイク(ギターなどの楽器)→マイクプリアンプ→オーディオインターフェイス→パソコン

 

マイクプリアンプとは?

マイクプリアンプというものをご存知でない方もいらっしゃるかと思いますので、マイクプリアンプの説明を少し。

マイクプリアンプとは、簡単に言えば、「音の増幅器」です。

マイクプリアンプを使って、事前にマイクや楽器の音圧や信号を適切な大きさまで上げて調節することによって、レコーダー側(DTMソフトなど)に大きなメリットとなり、結果として良い音で録音することができたり、スピーカーからも良い音が鳴ります。

オススメのマイクプリアンプをご紹介!

画像

メーカー 品番 コメント
BEHRINGER MIC2200 真空管を搭載し、太くて温かみのあるヴィンテージチューブサウンドが特徴。様々な楽器に使いやすいマイクプリです。

画像

メーカー 品番 コメント
FOCUSRITE ISA One Analogue マイクプリといえばコチラ!というくらい定番メーカー。ハイパスフィルターやインピーダンス切替機能など、それぞれの楽器により良い環境をマイクプリアンプで作れてしまいます。前山田健一ヒャダイン)さんも使用。

画像

メーカー 品番 コメント
UNIVERSAL AUDIO 710 Twin-Finity FOCUSRITEと並んで定番メーカー。1台で真空管真空管なしの両方のサウンドが得られるマイクプリアンプです。また、真空管アリの音と真空管ナシの音をブレンドした独特な音作りが可能。真空管サウンドも欲しい方にはオススメです。

マイクプリアンプを使うメリット

※音質を落とさず音の大きさ(音圧)を上げることができ、高音質でレコーディングできる

イコライザー、コンプレッサーなどの機能が付いているので、さらに音を良くするためのちょっとした音作りマイクプリアンプ上でできる(機能が付いていないものもあります)

機械的な冷たさ、声の細さが取り除かれ、温かみのある声がレコーディングできる

※音質良くレコーディングできるので、DTMソフト内でかけるエフェクトのかかりが良くなる

※しっかりとした音圧かつ高音質なオーディオデータがDTMソフト内にレコーディングできるので、後での加工や処理がしやすい

 

USBケーブルを換える

皆さんは、オーディオインターフェイスとパソコンをつなぐ際には、USBケーブルを使用していると思います(ファイヤーワイヤーやサンダーボルトの方もいらっしゃいますが)。

そのUSBケーブルはもしかして、オーディオインターフェイスに付属してきたUSBケーブルをしようしていませんか?

実は、このUSBケーブルを品質の良いものに換えていただくだけで、音質も上がります。

 

オススメのUSBケーブル

画像

メーカー 品番 コメント
OYAIDE ( オヤイデ ) d+USB class B/1.0 導体は抵抗の少ないものを仕様しているため高速でのデータ通信が可能。ケーブルを曲げた時に発生する伝送ロスなども解消されます。

画像

メーカー 品番 コメント
OYAIDE ( オヤイデ ) d+USB class A/1.0 抵抗の少ない素材と抵抗を少なくする技術を取り入れているので、データ転送では高速で確実な伝送を実現。バスパワーも考慮した設計になっており、バスパワーでも安定した電源供給ができるのでサウンドの輪郭やダイナミクスを失いません。

高品質USBケーブルを使用するメリット

※高品質素材と高い技術により、パワフルなサウンドと伝送の距離によるロスを軽減

※高速でのデータ伝達が可能

※バスパワーの場合、安定した電力供給ができるのでインターフェイスの能力を最大限発揮できる

ケーブルを曲げたときに起こるケーブル内部の歪みが引き起こす伝送ロス、インピーダンスの変化、静電容量の変化を回避できる

※デジタル伝送時に重要になってくるインピーダンス調整がしっかりとされているので、正確なデータ転送と優れた安定性を実現

 

今回オススメさせていただいた商品のご案内も店頭でさせていただきます

私代田にお声かけいただければ、今回取り上げさせていただいた商品やそのほかの商品の詳しいご紹介をさせていただきます。ぜひ店頭で私桒沢にお声かけ下さい。

 

次回は『今、世界で流行っている音楽』をご紹介いたします

今世界で爆発的に流行っている音楽ジャンルがあります。

日本でも徐々に人気が出てきており、J-POPにもその要素が取り入れられていますが、まだまだアンダーグラウンドなジャンルです。

日本は島国ということもあり、世界的に流行っているものが日本に入ってくるのに時間がかかってしまいます。

最先端音楽を知ることで、新たな楽曲ヒントが手に入れられるかもしれません。

ぜひ、次回もお見逃し無く!

 

過去に掲載したDTMテクニック講座はこちらをご覧下さい

第1弾!イコライザー処理 ~楽器編~

http://www.shimamura.co.jp/shimablo/ohmiya/index.php?itemid=36127

第2弾!イコライザー処理 ~ボーカル編~

http://www.shimamura.co.jp/shimablo/ohmiya/index.php?itemid=36388

第3弾!DTMならではの音の使い方

http://www.shimamura.co.jp/shimablo/ohmiya/index.php?itemid=36591

 

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.