島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【トロンボーン徹底攻略】vol.3~楽器選びのアレやコレ~

f:id:shima_c_ohmiya:20171013125231p:plain
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。




トロンボーンの秘密』について迫るこの企画。
前回はトロンボーンの主なメーカーを調べてみました。
今回は、楽器選びの時にどうしても『ん?なんだコレ?』と誰しもが疑問に思うであろう謎を一緒に探っていきましょう♪


《1枚取り?2枚取り?~ベルのハナシ~》

トロンボーンは、ベルの部分が『1枚取り』と呼ばれる加工で作られているものと、『2枚取り』と呼ばれる加工で作られているものに分かれます。

1枚取りベルとは

f:id:shima_c_ohmiya:20171025120737j:plain
その名の通り、イチョウのような形をした1枚の細長い金属板を筒状に丸めて接合して形を作る、伝統的なつくり方。
職人さんが自分自身の手で叩いてあのベルの形を作るのです!
すごいですよね、これぞ職人技!
したがって1本の背骨を持ったような構造となり、結果的に『響き』が増します。
限られた職人さんしか製造できないため高価格帯のものに用いられる加工方法で、職人さんの個性も出やすいので個体差にバラつきも出やすいと言われています。

2枚取りベルとは

ベルの先端の広がった部分と、胴体の部分とを接合して作られます。
管(胴体)とベル部分が真っ二つに分かれている状態のものを接合していくわけですね。
これは比較的加工がしやすいらしく、量産される低価格帯~中価格帯のものに用いられることが多い加工方法です。



《イエローブラス?ゴールドブラス?~材質のハナシ~》

トロンボーンなどの金管楽器は、管体に『真鍮(しんちゅう)』という、銅と亜鉛の合金が用いられています。
配合される金属や、その金属の比率によって楽器の音色が変わるのです!
それぞれどんな特徴があるのか一緒に見てみましょう♪

イエローブラス

f:id:shima_c_ohmiya:20171028124447j:plain
銅:70% 亜鉛:30%
明るい、きらびやかな音色

ゴールドブラス

f:id:shima_c_ohmiya:20171028124843j:plain
銅:85% 亜鉛:15%
幅のある豊かな音色

レッドブラス

f:id:shima_c_ohmiya:20171028125039j:plain
銅:90% 亜鉛10%
柔らかく温かみのある音色

スターリングシルバー

f:id:shima_c_ohmiya:20171028125202j:plain
銀:92.5% 銅ほか:7.5%
抜けのいい明るい音色



こうみてみると、きちんとそれぞれ特徴があって、トロンボーン選びもワクワクしてしまいますよね♪
確かに私個人の経験で言っても、銅の成分が多ければ多いほど豊かな深い音色になるなあと感じた事があります。
銅、大好きです(笑)



《楽器の表面は何仕上げ?~仕上げのハナシ~》

金管楽器は加工が全て終わると、一番最後に『ラッカー塗装』『メッキ』をほどこして仕上げます。
実はこれも楽器の音色に違いに関わるのです!

仕上げの種類と特徴
ゴールドラッカー
(金色の塗料を混ぜたラッカー)
シャープでパワフルな音
リアラッカー
(透明なラッカー)
パワフルで音抜けが良く艶やかな音
金メッキ 鮮やかで華やかな音


前回紹介した『材質』の違いとセットにして比べてみると、それぞれの楽器がどんな音色なのか少しイメージがしやすくなってくると思います。


《ぼ・・・ボア?~管の太さのハナシ~》

トロンボーンを含む金管楽器は、『ボア』のサイズによっても色々変わってきます。
それ、なあに?と思いますよね。
ボアとは、『管の内径』の事を指します。
アサイズによって、息の量や吹いた時の抵抗感に違いが出てきて音色が変わってくるんです。

アサイズの種類と特徴
細管 明るい音で、高音が出しやすい。
ジャズやポピュラー奏者に向いている。
重さも軽いので導入としてお子様にもオススメ。
中細管 細管と太管の中間的な存在。
新しいタイプの管で、太めの音で吹きたい方向け。
太管 近年、吹奏楽で多く使用されている基本的な存在。
音量豊かで、ハーモニーをつくるのに適した音色。
大編成のオーケストラ奏者にも好まれており、トロンボーンを買うならまずは太管がオススメ!
デュアルボア スライドの中管のサイズが上下管で異なる。
上管よりも下管の方が太い構造になっているため許容量が大きく、小さな音から大きな音までコントロールしやすい。

アサイズが小さくなると必要な息の量が少ないので、より吹きやすくなって繊細な音色になります。
逆にボアサイズが大きくなると息の量が必要になり音量も音色も共に豊かで華やかになります。



《まとめ》

というわけで、トロンボーンを選ぶときには、
①材質・塗装
②ベルの加工方法
③ボアサイ
の3点がポイントになります♪
色々と奥が深いのですねぇ・・・。

次回はトロンボーンのどんな謎を探ろうかな・・・(独り言)
では次回をお楽しみに♪



トロンボーン教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→トロンボーンコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら


f:id:shima_c_ohmiya:20171013131434j:plain

コース名 トロンボーン教室
講師 齋藤 千織(さいとう ちおり)
開講曜日 木曜日
開講時間 15:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン形態 個人レッスン
レッスン回数 年間40回
レッスン時間 30分~
月謝 ¥9,720(税込)~
運営管理費 ¥1,080(税込)
体験レッスン お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。
入会金 ¥10,800(税込)






お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

Sadowskyブランド日本流通30周年記念ディーラー選定会レポート

日本デビュー30周年を祝しRoger Sadowsky氏も来日!そんな中開催されたディーラー選定会の潜入レポート

f:id:shima_c_ohmiya:20171026124037j:plain
2017年10月25日、都内目黒Blues Alley Japanで行われましたSadowsky GUITARSのディーラー(島村楽器を含む楽器小売店)向け選定会に行ってきました!今回はSadowskyオカダインターナショナル様と代理店契約を結んで30周年記念(おめでとうございます!)ということで様々なサプライズもあり、とても賑やかなものでした!

Sadowsky(サドウスキー)とは?

何を置いてもまずはマーカス・ミラー抜きには語れない。

1979年、Roger Sadowsky氏によって、アメリカ合衆国ニューヨーク市にてリペアショップとして創業。多くのニューヨーク系スタジオミュージシャンが出入りし、その中の一人でもあるマーカス・ミラーから彼の1977年製Fender Jazz Bassのカスタムを任された。こうしてロジャー氏がマーカス・ミラーとともに当時の"ニューヨークサウンド"の礎を築いたことは、そのシーンを語るうえで知っておかなければいけないというほどの重要事項。彼がカスタムしたベースや製作したベースはマーカス・ミラーをはじめ、ウィル・リーなどはもちろんのこと、元メタリカのジェイソン・ニューステッド、現代のニューヨークサウンドの伝道師、若干30歳のタル・ウィルケンフィルド、マキシマムザホルモンの上ちゃん、若手人気ベーシスト川崎哲平などジャンルや洋の東西を問わず幅広いミュージシャンに支持を受けている。
もちろんギターも作成しており、リー・リトナージム・ホール、日本ではDIMENSIONの増崎孝司氏などがジャズ・フュージョン系ミュージシャンが愛用していることでも有名。

Sadowsky N.Y.C.について

ニューヨーク市クイーンズに構える工房では、10名ほどのスタッフにより、日々ニューヨーク製Sadowskyのカスタムギター&ベースが作られているのですが、行程やクオリティから、その数は限られたものであり、ほぼ日本にはやってきておりません!

Roger Sadowsky氏インタビュー(2:10あたりからが製作工程)※Sadowsky公式YOUTUBEより

ほぼ「ニューヨークに行かなければ買えない」という逸品たちが今回ご紹介する商品です。しかも日本上陸30周年記念モデルとあって最高の品質間違いなしです!

お待ちかね、まずは大宮店にお迎えすることになった究極の2本をご紹介!

Sadowsky N.Y.C. Custom S


ただでさえ希少なSadowsky N.Y.C.のギター。その中でもSadowskyと言えばこれ!という方も多いのではないでしょうか。市場に出回る数も中々少ないSadowsky NYCのSタイプです!

Sadowsky N.Y.C Custom Bass 5strings


Sadowskyと言えばやっぱりベース!マーカスファンでなくとも既にお馴染みですね!そんなSadowsky NYCの5ベースです!

今回の30周年記念モデルに採用されている「Skyline Inlay」は通常、Rogerが作りたい時に作りたいスペックを限られた本数で作られるRoger Selectにのみ使われるものです。
豪華極まりないスペックに、このSkiline Inlayを纏う事で他を寄せ付けない輝きを発しています。

f:id:shima_c_ohmiya:20171026011446j:plain   SKYLINEインレイが眩い。

※詳しくはこちらもご覧ください。
www.shimamura.co.jp


選定会レポート

Sadowskyギター&ベースがずらり

f:id:shima_c_ohmiya:20171026000701j:plain
開場は冒頭にも上げた通り、都内ライブハウスにて。中に入るや否やサドウスキーのギター&ベースがずらり!そして、既に写真でご確認いただいている通り、本物のRoger Sadowsky氏ももちろん会場に!そしてフロアを縦横無尽に歩き回っているではありませんか!他にもSadowsky TYOを立ち上げた菊地嘉幸氏の姿も!

f:id:shima_c_ohmiya:20171026012820j:plain手持ちのカメラで自由に写真を撮るRoger氏
菊地嘉幸氏による新製品プレゼン
f:id:shima_c_ohmiya:20171026001245j:plain壇上で新製品の解説をする菊地氏

Sadowsky TYOの責任者でもあり、Sadowsky氏の盟友・愛弟子でもある菊地氏による新製品Sadowsky Metroline Expressのプレゼンテーション。Sadowsky氏との馴れ初めや、自身が創り出すSadowskyに対する想いが語られました。菊地氏にとっての原点は故青木智仁氏との出会いであることや、その青木智仁氏が多大に影響を受けたマーカスのニューヨークサウンドを追求するうえでSadowskyにたどり着いたことなど、ひしひしと想いが伝わってきます。

斎藤"TAK"貴之氏によるデモンストレーション
f:id:shima_c_ohmiya:20171026002605j:plain斎藤"TAK"貴之氏。40本もSadowskyを所有する真のSadowskyユーザーの一人でもある。

現行のMetrolineシリーズの製造工程などをさらに見直しし、コストパフォーマンスを追求した新モデルMetroline Express。サウンドやクオリティは既存モデルに引けを取りません。なんと嬉しいことに、席が所謂"かぶりつき"のため、ダイレクトにモニターできました!
斎藤"TAK"貴之氏official HPThe Official Website of TAK Saito

サプライズ!スラップマスター(仮)登場!
f:id:shima_c_ohmiya:20171026004230j:plain急きょ発表!スラップマスター(仮)。正式名称もまだ決まっていないとのこと。

菊地氏が"頑張ったら間に合ってしまった"(笑)というスラップマスター。マーカスや青木氏などのニューヨークサウンドへの菊地氏の回答。長年の想いが結実した個体は、サウンドを出したTAK齋藤氏も「・・・みんなが欲しいのはこれでしょ(笑)」という一言。まさにマスターピース感たっぷりです。サウンドは輪郭のあるドンシャリでまさに"スラップマスター"然としたもので氏曰く「"ヌメヌメとしてギラついた"サウンド」。既存のMetrolineを元にしながら材の選び方や加工、寸法に至るまで細かい部分をアップデート。重さも従来のMetrolineに比べ重めのものを使用し70年代のサウンドイメージに物理的観点からも接触を試みた一本。来年には発売とのことなので、流通開始が待たれます。

サプライズその2!1万本目の、、、
f:id:shima_c_ohmiya:20171026005810j:plain記念すべきシリアルNo.10,000の1本

そしてここで、さらにサプライズ!なんと30周年に加え、Sadowsky Metrolineが国内流通1万本を達成!(おめでとうございます!)それを記念してシリアルナンバー10000番を冠した限定モデルを作成!見てくださいこの見た目!アメリカンな青いファイヤーパターンが見る者の目を惹きます!果たしてどこで手に入れられるのでしょうか、こちらも楽しみですね!

Roger Sadowsky氏が製品に込める想い
f:id:shima_c_ohmiya:20171026003932j:plain壇上に立つRoger氏とオカダインターナショナルの岡田会長

もちろん氏も、直々に壇上に立ちSadowsky製品のプレゼンテーションをしてくださいました。彼はプレゼンテーションの最初と最後の2回話をしてくださったのですが、氏が締めのコメントをした際に口にした言葉「The most important thing is "to know the customers".」という部分がとても印象的でした。これは我々のような接客小売り業だけでなく、製造業やすべての業種において共通して言えることです。これが最初に出てくるというのは本当のプロの証だなと感じました。また「Fender社を含む他のメーカーもマーカスサウンドを追及しているがSadowskyがその点において最も優れている。」と自信も見せてくださいました。是非製品を通じてお客様にも感じていただきたいと感じます。

是非お店に弾きに来てください!

今週末には入荷予定です!(納期は急遽変更になる可能性が御座います。あらかじめご了承ください。)是非Roger氏の想いを感じていただきたいので、遊びにいらしてください!ちょうど今週金曜日からギター祭りも開催!(10/27(金)~29(日)「島村楽器ギター祭in大宮」開催致します!)こちらも合わせてチェックお願いします!

Roger Sadowsky氏からこんなプレゼントも

さて潜入レポートはいかがでしたでしょうか。濃密な時間を全てお伝えするのは中々難しいですが、今回大宮店に入荷する個体がいかにストーリーを持った個体なのか伝わりましたでしょうか。今回は特別にRoger氏直筆のサインもGETしておりますので、ご購入特典としてプレゼントいたします!

f:id:shima_c_ohmiya:20171026011933j:plain売約札の裏に直筆サイン!こんな無礼にも快く応じていただきました!

皆様のご来店お待ちしております!

ヴォーカル講師・鎌野 愛先生に聞いてみた!vol.2~発声方法、教えて下さい!~

f:id:shima_c_ohmiya:20171006175006p:plain

先生、発声方法教えて下さい!

f:id:shima_c_ohmiya:20171006175851p:plain
皆さん、こんにちは!
島村楽器大宮店、音楽教室担当の坂和(さかわ)です。


前回の配信では『腹式呼吸』についてお伝えいたしました。
さて、今回も皆様に必ずと言っていいほど質問を受ける事の多い

『発声方法』

について、
鎌野 愛先生にコツをお聞きしたので
お伝えしたいと思います。



『支え』と『引き上げ』

歌を歌う時は“全身を使って”と言いますが、
“全身って結局なに?”
“具体的にどこの部分をいうの?”
って思いませんか?

確かに頭から足の指の先まで全てを使って歌うイメージは大切なのですが、
その感覚を感じ取るのは難しいのではないかと思います。。


ポイントは2つ!

f:id:shima_c_ohmiya:20171006175851p:plain
まずは2つのポイントを掴んでほしいと思います。


①『支え』
これは
腹式呼吸・背中への意識・地面を押し返す足の力”
の事です。

なるべく息を深く吸い、そのポジションのまま息を吐く。
(出来れば体の後ろ、背中や腰のあたりも息をする際に動かせるようになるのが理想です)

しっかり地面に足をつけ、
地面を押し込むようなイメージで歌いましょう♪



②『引き上げ』
これは
“上あごから頭のてっぺんまでを天に引き上げる力”
です。


実践するためには顔の表情筋を鍛えたり、
口の中の奥(軟口蓋や硬口蓋と呼ばれる場所)を上に引き上げる力を鍛えたり、
声の響きを眉間や頭へと持っていくようなイメージも必要になります。




f:id:shima_c_ohmiya:20171006175851p:plain
これらの2つのポイントを意識しながら歌う際に、
舌の奥の部分(舌根)まで一緒に上に引き上げてしまうと、
キンキンした歌声になってしまうので注意!



まとめ

f:id:shima_c_ohmiya:20171006175851p:plain
『支え』と『引き上げ』、
どちらもできるようになると、
“上に向かう力”と“下に向かう力”が張り合った状態になります。


意識できるようになると
“全身を使って声を出す”の意味が
少しだけわかってくるのではないでしょうか♪
歌声も変わっていきますよ♪



実際に自分の歌い方がどういう状態になっているのか見てほしい!
という方は、どうぞお気軽に鎌野 愛先生の体験レッスンにいらしてみて下さい♪

文章でお伝えするよりも何倍もお役に立てるかと思います♪



今後も皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思いますのでお楽しみに♪




ヴォーカル教室のご紹介

コース名 ヴォーカル教室
講師 鎌野 愛(かまの あい)
開講曜日 水曜日
レッスン形態 個人/30分
グループ/60分
レッスン回数 年間40回
月謝 個人¥11,880(税込)~
グループ ¥8,640(税込)~
運営管理費 ¥1,080(税込)
体験レッスン お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらからご確認下さい。
入会金 個人 ¥10,800(税込)
グループ ¥5,400(税込)

お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

店舗名 島村楽器 大宮ラクーン店
電話 048-650-3155!(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60 大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで


音楽教室総合案内ページはこちら♪

リペアマン山口の大宮で日々リペア45 ~ いよいよです!~

こんにちは。

いよいよ今週です!

大宮ギター祭!!
10月27日(金)
10月28日(土)
10月29日(日)


www.shimamura.co.jp

会場創りはまだまだ続きます!!
f:id:shima_c_ohmiya:20171024183833j:plain
着々と集まる楽器達・・・
f:id:shima_c_ohmiya:20171024183817j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171024183804j:plain
こちらも緊急入荷!(笑)
f:id:shima_c_ohmiya:20171024184753j:plain

そして、タイミング良くパーツ売り場の改装も終わり、皆さまゆっくりとパーツを選べる空間になりました!
少し広がったため、山口が選定していろいろ入荷する予定ですので、こちらもお楽しみに~
f:id:shima_c_ohmiya:20171024183846j:plain

店頭リペア(修理)では、ご予約されたお客様を優先させて頂いております。土日・祝日は込み合う場合もあり、私が対応できない場合も出てきてしまうため事前に予約を入れていただくと、修理相談・当日修理は確実なものになりますので、よろしくお願い致します。

受付時間 11:00~19:30
電話番号 048-658-5260
リペア担当 山口

リペア定休日【赤】
※稼働日は11:00~19:30にてリペアマンが常駐しております。
f:id:shima_c_ohmiya:20171107150018p:plain

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.