島村楽器 大宮店 シマブロ

島村楽器 大宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【大人のクラシックギター倶楽部】vol.5~お手入れや取り扱い方、必要なアイテムは?~

f:id:shima_c_ohmiya:20171208124314p:plain
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。

前回は『クラシックギターの木材』について学びましたね。
ohmiya.shimablo.com



今回は、楽器のお手入れ、取り扱い方についてお勉強しましょう♪


ギターのお手入れ方法

その①《交換》
ギターはの新しさで音が変わる楽器です。
ギター本来のいい音で演奏するなら、できれば3ヶ月に1度ぐらい、少なくとも半年に1回ぐらいの頻度で換えましょう。
毎日練習する方なら1ヶ月に1度数週間に1度を目安にすると良いと思います♪

普通のアコースティックギターエレキギターよりも交換の方法がちょっと難しいので、最初は楽器屋さんに持ち込むことをオススメします♪
当店には常駐のリペアマンがおりますのでいつでも頼ってくださいね!
www.shimamura.co.jp



その②《を拭く》
張り換えたを長持ちさせるコツは、こまめにを拭くことです。
指の汗や脂というのは意外に多量に出るものです。
それを放置しておくと、がすぐに錆びてしまいます…!ああ恐ろしい。
弾き終わったら、時間をおかず、すぐに拭くクセをつけるといいと思います。


↓オススメのクロスはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171212170443j:plain
キョンセームクロス(Mサイズ)

メーカー 品番 価格
HISTORY HKCM ¥4,212(税込)

鹿さんの皮でできており、繊維が細かい!表面と裏面で生地の質感が違います。無地の裏面でホコリ等をとって、ロゴ有りの表面で仕上げ拭きをします。汚れ落としのポリッシュもこのクロスにはいりません!特に特殊な塗装をして仕上げているようなクラシックギターもあったりするようなのでその点で考えても一番安心して楽器用に使っていけますね。



その③《糸巻きのお手入れ》
クラシックギターの糸巻きは、歯車がむき出しになっているオープンタイプのものがほとんどです。ここにゴミや異物が挟まったり錆びたりすると、糸巻きの動きが悪くなります。さらに悪化して歯車が固着してしまうと、チューニング(調)が全くできなくなってしまいます。
こういったトラブルを回避するためにお勧めしたいのがギアに少量のグリスを塗っておくことです。グリスは管楽器用のものがいいらしいです。これを少量爪楊枝の先に付けて、糸巻きのギアのかみ合わせの部分に塗り、糸巻きを何度か回してなじませておきましょう。


↓オススメはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171212175823j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171212180156j:plain
金管楽器用スライドグリス

メーカー 品番 価格
YAMAHA SG4 ¥594(税込)




ギターの取り扱い方法はどんな感じ?

その①《を緩める》
ギターのを張った状態での張力はなんと50kg前後らしいです。驚きますよね。
長時間そんな張力をギターにかけていると、ネックが反ります。ボディトップの板も変形します。考えただけで恐ろしい…。
弾かない時はを少し緩めておきましょう。
緩める程度は糸巻きを1~2回転させるくらいで大丈夫です。



その②《湿度・温度を真面目に管理する》
クラシックギターは湿度変化に敏感です。
出来る限り湿度40%~60%以内で保管できるように湿度計の使用をとてもお勧めします。
また、60%を超えるような高い湿度では木材の膨張や金属パーツの錆びなどが起こりま
す。直射日光が当たらずなるべく風通しの良い場所に置いて、除湿器またはエアコ
ンなどを使ってみて下さい。
40%以下の低い湿度では木材が乾燥し、ヒビが発生したり割れることがあります。
ぜひ室内に加湿器などをご使用下さい。
また、高すぎる温度や低すぎる温度も楽器に良い影響をあたえません。
保管は行き届いた湿度管理の元で行い、少なくともケースに入れて保管しましょう。


↓オススメはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171212173328j:plain
湿度計

メーカー 品番 価格
ピックボーイ AA-150 ¥1,890(税込)


f:id:shima_c_ohmiya:20171212173843j:plain
湿度調整剤(ケースに入れて保管する用)

メーカー 品番 価格
ピックボーイ H95 ¥1,026(税込)

その③《化学製品や薬剤に気をつけよう》
ギターの塗装によっては、何かが付着したり長時間何かに触れることにより、塗装が変質することがあります。
お手入れの際は柔らかいクロスで乾拭きし、汚れ落としのためのポリッシュなどを使用する場合は、白濁などの原因となることがあるので、まずはボディーの目立たない箇所で試すことをお勧めします。
ゴム製品のギタースタンドも含め、楽器に触れる製品のご使用には十分気を付けましょう。


↓オススメはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171212175157j:plain
ギタースタンド(ラッカー塗装対応)

メーカー 品番 価格
On-Stage Stands XCG4 ¥1,598(税込)




その他、必要な小物

その①《足台》
クラシックギターは、演奏時に左足の下に『足台』と呼ばれる台を置いて左足を高くし、その左足の上にギターを置いて支えて演奏するのが一般的です。


↓オススメはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171214104637j:plain
足台(鉄製)

メーカー 品番 価格
E.D.GEAR EFS1 ¥1,836(税込)


f:id:shima_c_ohmiya:20171214110104j:plain
ギターレスト(ネジ式)(ネジ式)

メーカー 品番 価格
ムラタ GR2 ¥5,724(税込)

こちらはもっとオススメ!しっかり固定できるので安心です。



その②チューナー
クラシックギターを張って音を合わせる時に使うのが、チューナーです。本当に色々なタイプのものがあるので自分の使いやすそうなものを選ぶと良いと思いますが、ギターのヘッド(糸巻きのついているてっぺんの部分)に挟んで使える『クリップ』式のものが便利かなと思います。

↓オススメはコレ!
f:id:shima_c_ohmiya:20171214111116j:plain
クリップ式チューナー

メーカー 品番 価格
KORG AW-4G-BK ¥2,160(税込)


今回はここまで!いかがでしたか?
クラシックギターは繊細な楽器なので、より丁寧に可愛がってあげないといけない、ということですね!
では、次回をお楽しみに!




クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら


f:id:shima_c_ohmiya:20171208124631j:plain

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。
入会金 ¥10,800(税込)




お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

大宮店ビギナーズ倶楽部 12月開催スケジュール

f:id:shimamura-music:20150320122210j:plain
ビギナーズ倶楽部セミナーでは、ギター、ベースを始めた方にピッタリの様々な内容のセミナーを無料で実施しています。
全てのセミナーへのご参加や、気になるセミナーだけに参加するのもOK!皆さんのペースでぜひ参加してください!

大宮店ビギナーズ倶楽部セミナー開催スケジュール

開催日 時間 開催内容
12月9日(土) 13:00〜14:00 『音出しの基本編』
12月16日(土) 13:00〜14:00 『コード演奏の基本編』

参加について

  • ※お電話、店頭にてご予約下さい。
  • ※参加費は無料です。
  • ビギナーズ倶楽部へのご入会がお済みでない方は、セミナー参加前にご入会頂きます。(無料)。
  • アコースティックギター/エレキベースビギナーの方もご参加いただけます。
  • ※各店により、実施スケジュールが異なります。
  • ※ご不明点は店舗スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

各セミナーの主な内容

『ギターに慣れよう!音出しの基本編』

f:id:shimamura-music:20150320122301j:plain
必ず覚えておきたい基本を、一緒に覚えましょう!

  • ギターの持ち方・構え方
  • ピックの持ち方
  • チューニングのコツを覚えよう
  • アンプの使い方を覚えよう
  • ドレミを覚えよう
  • パワーコードを弾いてみよう

『「F」を攻略!コード演奏基本マスター編』

f:id:shimamura-music:20150320122346j:plain
最初の難関、バレーコードのFを一緒に弾けるようになりましょう!

  • 基本コード(C/G)の押さえ方・押さえるコツを覚えよう
  • バレーコード(F)の押さえ方・簡単に音を出すコツを覚えよう
  • コードチェンジを練習しようQ

『バンドに役立つ!エフェクター基礎知識編』

f:id:shimamura-music:20150320122330j:plain
まだエフェクターを持っていない人も、エフェクターについて一緒に勉強しましょう!

ビギナーズ倶楽部セミナー イメージ動画

www.youtube.com

ビギナーズ倶楽部メルマガ会員募集中!

セミナー開催情報はもちろん、ギター、ベースを始めた皆さんへのオトクな特典が盛りだくさん!
ビギナーズ倶楽部メルマガは以下のページよりご登録下さい。

お問い合わせ

店舗 島村楽器 大宮店
電話番号 048-658-5260

【大人のクラシックギター倶楽部】vol.4~木材って何がどう違うの?~

f:id:shima_c_ohmiya:20171208124314p:plain
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。

前回は『クラシックギターメーカー』について学びましたね。
ohmiya.shimablo.com


今回は、楽器選び、楽器の音色には欠かせない『木材』について勉強したいと思います!



シダー?スプルース?

クラシックギターアコースティックギターは、楽器の側面や後ろの板、ネックも同じことが言えますが、ボディのトップ(表面の板)に『どんな木材を使うか』で音色がだいぶ変化します
なので、皆、楽器を選ぶ際に何の木材を使われているかを気にするわけですネ。


まず、クラシックギターのトップ材は主に
f:id:shima_c_ohmiya:20171212105752j:plain
↑『シダー』と、
f:id:shima_c_ohmiya:20171212105629j:plain
↑『スプルース』
分かれています。



【シダーについて】
シダーというのは、『杉』の仲間の木材です。
色が濃く赤みがかった暗い見た目が特徴で、ボディーのトップ材が赤っぽい濃い色であればほぼシダーだと思ってほぼ間違いないようです。

◎サウンド
柔らかく丸い、暖かみのある音色
他にも…
・音のレスポンス(反応)が良い
・高音が太く,スプルースより音量がある
・最初から良く鳴るが,弾き込みによる音色変化はスプルースより少ない

【スプルースについて】
スプルースというのは『松』で、白っぽい見た目が特徴の木材です。

◎サウンド
硬くハッキリとし、立ち上がりが早くアタック感のある音色
他にも…
・音に重量感がある
・音楽表現の幅が広い
・本来の音が出るまでには,ある程度の期間の弾き込みが必要


サイド(側面)・バック(後ろ)材について

クラシックギターのサイド・バックに使われる木材は『ローズウッド』という木材が最も一般的です。


単板?合板?

同じシダーやスプルースを使用したトップ材のギターでも値段に違いがあるのは、その名の通り1枚の木材でできている『単板(たんばん)』の仕様になっているのか、何枚かの木材を張り合わせて作られた『合板(ごうばん)』の仕様になっているのかで違ってきます。


一般的には高級なギターになるほど『単板』仕様になっている事が多いです。
どちらが良い悪いというより、単板はよく響くし、合板は強度が高いというようなメリットはあるので、参考にしておくと良いと思います♪





今回はここまで!できる限りシンプルにまとめてみたんですがいかがでしたか?
楽器選びの参考になればうれしいです♪では、次回をお楽しみに!




クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら


f:id:shima_c_ohmiya:20171208124631j:plain

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。
入会金 ¥10,800(税込)




お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

【大人のクラシックギター倶楽部】vol.3~クラシックギターのメーカーはなにがあるの?②~

f:id:shima_c_ohmiya:20171208124314p:plain
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。

前回は『クラシックギターメーカー』について簡単に学びましたね。
ohmiya.shimablo.com



今回も、クラシックギターメーカーはどんなものがあるのかを一緒に探ってみましょう♪
メーカー名をクリックするとメーカーHPに飛べます♪

クラシックギターメーカー

いくつか有名なメーカーをご紹介いたしますので参考にしてみて下さい♪


《小平(コダイラ)》 価格:約7万5千円~
f:id:shima_c_ohmiya:20171211123306j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171211123537j:plain
入門クラシックギターの定番、小平ギター。
入門用のギター製造のほとんどが海外での大量生産にシフトする中、日本で手作りのギターを作り続けるのは困難を伴います。
小平ギターでは、ギターを始めた人にギターの良さを少しでも多く、深く、早くに知ってもらえるようなギターを作りつづけています。
当店クラシックギター科講師の大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)先生も、入門用機種としてオススメ!



《横尾 俊佑(よこお しゅんすけ)》 価格:約35万円~
f:id:shima_c_ohmiya:20171211150235j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171211145629j:plain
河野ギター製作所で腕を磨き、独立に至った横尾 俊佑 (よこお しゅんすけ)さん。
ギター製作家の横尾 真人 (よこお まひと)さんはお弟子さんでもあり息子さん、という環境で、現在も現役でギター製作に励んでおり、50年以上のキャリアを誇る日本の名工の1人です。
横尾 俊佑ギターのサウンドは深い低音と柔かい高音が特徴と言われています。



《桜井・河野》 価格:約50万円~ 
f:id:shima_c_ohmiya:20171211152902j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171211152622j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171211152641j:plain
河野 賢(こうの まさる)さんは終戦後からギターに親しみ、専門学校の木工工芸科を卒業後、独学でギター製作を開始。
1949年から本格的に工房を構え、1967年には国際ギター製作コンクールで優勝し、一気に世界の注目をあつめ、世界中のギタリストが河野ギターを愛用するようになりました。1998年の没後は甥の桜井 正毅(さくらい まさき)さんが製作所を継いで河野/桜井ギターとして製作を続けています。ネック形状は独特のカーブで製作されており、「非常に握りやすいネック形状」として評判です。一般的にクラシックギターをオーダーすると、6ヶ月ほどで完成する場合が多いですがこちらはオーダーから完成まで「1年」という時間をかけ、よりじっくり製作工程に手間をかけて製作します。超ド定番のメーカー



《今井 勇一》 価格:約40万円~
f:id:shima_c_ohmiya:20171211155408j:plain
f:id:shima_c_ohmiya:20171211155504j:plain
海外からの評価も高く、今や受注モデルはオーダー後、数年必要と言われる今井ギター。
当社クラシックギター科講師の大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)先生も特注モデルを愛用中!
サウンドは重厚な低音と華のあるつややかな音色に定評があります。


まとめ

いかがでしたか?
大坪先生いわく、30万円くらいからを目安に楽器選びをすると間違いないとの事でした♪参考になればと思います♪
では、次回をお楽しみに!




クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら


f:id:shima_c_ohmiya:20171208124631j:plain

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。
入会金 ¥10,800(税込)




お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.